千種区社会福祉協議会 > 共同募金への協力



平成28年度
赤い羽根共同募金・歳末たすけあい募金運動 実績報告
ご協力ありがとうございました!
平成28年度 実績額
11,629,307円

みなさまからお寄せいただきました寄付金は、千種区の町を良くする活動に約73%(8,446,307円)、愛知県内の広域の社会福祉施設整備や団体の事業等に27%(3,183,000円)が役立てられます。


赤い羽根共同募金って?
 赤い羽根共同募金は民間の社会福祉の増進を目的として始まった募金運動で、共同募金会という民間団体によって都道府県を単位として実施されています。
 住民相互の助け合いを基調とし、“誰もが住みなれた地域で安心して暮らすことができるまちづくり”を目標に毎年10月1日から12月31日を期間として全国一斉に行われています。

 集められた募金は、愛知県共同募金会でとりまとめられ、民間の福祉施設や団体に配分される他、7割は千種区に還元され福祉向上の貴重な財源として大きく貢献しています。



赤い羽根共同募金には2つの種類があります
(1)一般募金〔募集時期:毎年10月1日から12月31日〕
(2)歳末たすけあい募金〔募集時期:毎年12月1日から12月31日〕

 赤い羽根共同募金は、10月から実施される一般募金と、共同募金の一環として12月の1月間を期間として実施される歳末たすけあい募金があります。
 一般募金は愛知県内の社会福祉団体の活動費や施設整備費、千種区の地域福祉活動助成費などとして、歳末たすけあい募金は歳末時期に行う社会福祉活動に使われています。



共同募金は下記のように様々な機会に、
ご協力をお願いしています
赤い羽根共同募金は、直接各家庭にお願いさせていただく戸別募金をはじめとして、駅前やスーパーマーケット、イベント会場などで広く呼びかけを行う街頭募金、企業などご協力を依頼する法人募金、職場や学校、幼稚園、保育園などで行われる職域募金や学校、幼稚園・保育園募金など様々な方法で実施しています。

なお、地震や台風、大雨など大規模な災害が発生した際には、被災者支援に対する災害義援金の募集を行っています。
※赤い羽根共同募金への寄付金は税の特典があります。
・会社などの法人の寄付金は全額損金算入できます。
・個人の寄付金は、所得税控除の対象となる場合があります。
詳しくは愛知県共同募金会のホームページ をご覧ください。




プライバシーポリシー 交通アクセスサイトマップ




copyright(c) 2003 Chikusaku Shakai Social Welfare.All Right Reserved.