千種区社会福祉協議会 > ボランティア・NPO応援助成申請団体募集







1 対象団体
 共同募金の推進に理解のある次の非営利団体とします。
(1) 法人格を持たない任意団体(ボランティア団体)
※任意団体としての申請であるが、実質は社会福祉法人等の事業であると判断される場合は対象外とします。
(2) 特定非営利活動法人


2 対象事業( 活動 )
 住民の一人ひとりの困り事 【生活課題】や地域における困り事 【地域課題】を解決す ることを目的とした活動で、地域住民の参加、あるいは住民同士のつながりづくりの促 進を通じて、千種区における 「助け合い ・支え合い」活動の推進に寄与するものを対象 とします。

【対象とする事業例】
○サロンを拠点とした地域における見守り活動
○地域の人材を活かしたボランティア養成講座の実施
○高齢者や障がい者への買い物支援活動、小修繕活動

※同一事業で3年以上助成を受けている場合は、新規事業を優先して選考する場合があります


3 助成金額
各団体の申請金額を上限8万円とし、総額50万円を助成します。


4 助成要件
 助成対象事業は、次の要件を満たすものとします。
(1) 平成31年3月までに実施する事業であること
(2) 事業活動内容に社会貢献性が認められるもの
(3) 原則、会および名古屋市社会福祉協議会から他に助成金を受けていない(受ける 予定のない)事業であること
(4) 営利を目的としないこと
※他の助成制度の申請をしている、または助成が決定している場合は本会までご相談ください。


5 助成対象経費
 助成要件を満たす事業を実施するために必要な経費とします。ボランティア団体に ついては、活動の発展のために必要な資機材の購入も対象とします。
ただし、ボランティア団体及び特定非営利活動法人とも次の経費は対象となりません。
(1) 団体所属会員の互助、またはそれに類する目的の事業にかかる経費
(2) 不動産の購入や事務所光熱水費等の団体運営にかかる経費
(3) その他、事業経費として不適当と認められるもの


6 申請方法
助成金の交付を受けようとする団体は、別紙「平成30年度ボランティア・NPO 応援助成 申請書」に必要事項をご記入のうえ、千種区社会福祉協議会へ郵送または 来所にてお申し込みください。(FAXでのお申し込みはできません。)
なお、1団 体1事業のみの申請となります。


7 申請締め切り
平成30年6月8日 (金)必着


8 審査方法
○第一次審査:
書類選考
書類選考の結果を、平成30年6月22日(金)頃までに申請者あ て文書にてご通知します。
○第二次審査:
公開プレゼンテーション
平成30年7月7日(土)に公開プレゼンテーションを行います。
1団体5分程度のプレゼンテーションを行っていただきます。 第一次審査通過団体は必ずご出席ください。
○第三次審査: 助成額の査定
第二次審査終了後、その結果を基に助成額を決定します。


9 審査員
○大人審査員   :学識経験者や本会理事、区内の地域団体代表者など
○高校生審査員  :区内在学の高校生
○親子審査員   :区内在住の小学生及びその保護者または中学生
○申請団体審査員:第一次審査を通過した申請団体


10 助成金の交付時期
平成30年7月下旬を予定しています。


11 助成金決定後の流れ
公開プレゼンテーション終了後、各団体へ助成金交付について説明をします。
本会職員が、活動状況の確認・見学をさせていただくことがあります。
活動の進め方について、本会職員が適宜相談に応じ、対応いたします。
事業終了後、1カ月以内に報告書をご提出ください。


12 留意事項
【申請時における事項】
申請書等は黒のボールペンでご記入ください。また、同形式であればパソコン 等で作成していただいても構いません。
審査員に小学生や中学生、高校生も就任する予定ですので、申請書の記述については、わかりやすい内容にしてください。
ご提出いただいた申請書等は返却できませんのでご了承ください。なお、申請内容について問い合わせをさせていただくことがありますので、申請書等の写し を必ず保存しておいてください。
申請書を提出する際は、「申請におけるチェックシート」にて確認をお願いします。
申請の内容 (個人情報は除く)は公表させていただきます。
申請書等に記載されている個人情報に関しては、本会個人情報保護規程に基づき、適正に管理します。

【事業実施における事項】
申請事業を広報する際は、チラシやwebサイト上に、必ず「この事業は、共同募金配分金を財源にしています。」など、ご明記ください。
助成決定団体の皆様には、共同募金運動をご理解いただき、街頭募金活動へのご協力をお願いいたします。


13 全体スケジュール
日 程
事 項
6月8日(金) 申請書 提出締め切り
6月中〜下旬 1次審査(事務局 書類選考)
6月22日(金) 書類審査 結果通知
7月7日 (土) 2次審査 公開プレゼンテーション
3次審査 助成額の査定
7月下旬 助成金交付
平成31年3月末まで 各助成団体 報告書提出


じぶんの町を良くするしくみ
赤い羽根共同募金とは?

 毎年10月1日から12月31日まで「赤い羽根」をシンボルに行われる募金運動で、集まった 募金は民間の福祉活動を推進するための貴重な財源となっています。
 千種区で集まった募金のうち約3割は愛知県内の福祉施設などに配分され、約7割が千種 区の民間の福祉活動に配分されています。子育て世代や高齢者のサロン活動を始めとした 各学区の地域福祉推進協議会事業、障害者施設・団体の外出支援事業やイベントなど、多く の福祉活動に活用されています。
 募金活動は多くのボランティアの方々の協力により行われており、平成29年度千種区では 10,925,912円の募金がありました。




----------申請書提出・問い合わせ先----------

社会福祉法人
名古屋市千種区社会福祉協議会
駐車場がございませんので公共交通機関をご利用ください。


地下鉄
 東山線「覚王山」
  または東山線・名城線「本山」
 4番出口下車徒歩10分

〒464-0825
名古屋市千種区西崎町2丁目4番地の1

Tel. 052−763−1531

申請におけるチェックシート
下記をダウンロードして確認お願いします
PDF形式
▼ダウンロード▼
(データサイズ:80KB/.pdf)
申 請 書
以下のファイルをダウンロードして印刷の上、
郵送または来所にて申請下さい。
PDF形式
▼ダウンロード▼
(データサイズ:136KB/.pdf)
Word形式
▼ダウンロード▼
(データサイズ:60KB/.doc)

Adobe
 PDFファイルを閲覧するためには「Adobe Acrobat Reader」が必要になります。(無償)
 お使いのコンピューターにインストールされていない方は、左のリンクからダウンロードして下さい。
Microsoft Office Word Open Office Libre Office
 Wordファイルを閲覧するためには「Microsoft Office Word」もしくは互換性のあるアプリケーションが必要になります。ご注意下さい





プライバシーポリシー 交通アクセスサイトマップ


copyright(c) 2003 Chikusaku Shakai Social Welfare.All Right Reserved.